ゆうログ

先天性疾患(心疾患・食道閉鎖・鎖肛)持ちの息子の育児奮闘記

MENU

【NICU】子供がNICUにいるときの出産報告

 帝王切開で取り出された息子はすぐに処置が必要なためNICUに運ばれました。

術後は麻酔の効果もありベットから動けず寝たり起きたりしていました。

翌日もお腹の痛みでほぼ寝たきり状態、さらに息子の手術もありで両親以外への出産報告どころではありませんでした。

息子の手術も無事終わり、私も少しずつ動けるようになると会社の先輩や友達への出産報告をどうしよう…と悩むようになりました。ただ、出産後に新たに分かった疾患もいくつかあったり、「周りは母子同室で赤ちゃんと一緒に入れるのに私だけ一人で搾乳して…」という超絶鬱メンタル真っ最中だったので、誰にも報告したくありませんでした。

なので、少しずつ心が安定してきたところで、徐々に一報を入れていきました。

 

私の出産報告

両親・義両親

計画分娩で事前に入院し陣痛を誘発していたのですが、破水して胎児の心拍が弱まったので緊急帝王切開になりました。

私の母は帝王切開が決まったときちょうど面会に向かっている最中だったので、「まさかの帝王切開になった!」とLINEで実況中継していました。

手術後に病室に戻ると母も旦那と一緒にいたので、特に報告はしていないです。

父や妹含めた親戚には母が出産報告をしてくれたので私は何もしませんでした。

入院してから退院するまで、義両親との連絡はすべて旦那が行ってくれました!!

義両親との関係は良好で非常に良い人たちなのですが、やはり気は使うのでこれはかなり助かりました。

面会も当日ではなく数日後に調整してくれ、なんてできるやつ!と思ったのを覚えています。

 

仲のいい友達

出産報告したのは翌日です。

中高の仲いい友達のグループLINEに↓を投下しました。

 昨日の夜、帝王切開で出産しました!

子供が小さすぎたり色々あったりしてNICUに行っちゃったから写真はまだないんだけど…。

落ち着いたらまた連絡するね(^^)

 

「おめでとう!お疲れ様!ゆっくり休んでね」と言ってもらい嬉しかったです。

 その後、個別で連絡くれた子には命名した名前や手術が必要で入院が長引く旨など返信しています。自分でもいろいろ受け止められていない仲だったので詳細を誰かにする気力もなく、「色々あってNICUに…」という含みのある言い方で相手に気を使わせ、何も聞くなよ感を出していました笑

 

会社の上司や同僚

出産報告したのは出産一週間後ぐらいです。

リーダー的な上司と仲のいい先輩2人、仲の良い同期3人に報告しました。

上司と同期で語尾はそれぞれ違いますが、大体こんな感じの報告をしました↓

お疲れ様です。〇日に出産しました!

子供が小さかったり手術したりでNICUにいてまだまだ退院できないのですが、

私は無事退院しました。

名前は〇〇になりました(^^)

また落ち着いたら連絡します!

 

「大変だったね、お疲れ様。」と温かい言葉のお返事いただいています。

次は息子が退院したら連絡しようと思っています。

 

ほどほどの友達

年に1~2回会うようなほどほどの距離間の友達です。

自分からの報告はしませんでした。

向こうから他の用事で連絡がきたときに、その返事のついでに報告しました。

 そういえは〇月〇日に子供産んだよー!名前は〇〇です(^^)

バタバタしてて報告遅くなっちゃってごめんね!

 

NICUにいることや手術のことも特に何も報告していないです。

どこかで誰かから何となく聞いてくれればいいかな…と思っています。

 

嬉しかった言葉

 NICUにいると報告したときに嬉しかった言葉をご紹介します。

心が不安定でメンタルボロボロな時期だったので、人の優しさが心に沁みました。

  • お疲れ様、大変だったね。
  • おめでとう、頑張ったね。
  • 赤ちゃんが元気になって帰ってきたときのために、ゆっくり自分の身体を大事にしてね。
  • お出かけできるようになったら会いに行くから教えてね。
  • そっちまで行くから気晴らしにでもいつでも呼んでね。

 

嫌だったこと

唯一、ひとつだけ。

友達ですが、グループLINEに投下した後しばらくしてから個別でLINEが来ました。

色々心配してくれている風な文面でしたが、「どんな疾患なの?」と色々と詳細を聞かれたのがちょっと嫌でした。

会って直接話すのはいいのですが文章で話すとなると億劫だし、気にしすぎかもですが、興味本位で聞かれてるような気がして…。

気になる気持ちは分からなくないけど、こっちから話すまではそっとしといてほしいです。もしくは会ったときにうまく聞いてくれって感じです笑

 

 

本当だったら産まれてすぐの子供の写真をみんなに送って、退院後は友達に家に遊びに来てもらってお披露目するはずなのにな…と悲しくなったりもしましたが、億劫だった出産報告も実際やってしまえば肩の荷がおりた感じがありました。

気にしてくれる人は定期的に連絡をくれたり会うことになったりして、かなりメンタル回復に繋がりました。

 

何よりも自分の気持ちが一番大事なので、周囲への報告は急ぐ必要ないです。

そろそろ連絡しようかな、と思えたタイミングでよいと思います。

 

不安な毎日でも時間は経過し、必ず「大丈夫」と思える日が来ます。

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村